裁判において判決が出るまでに和解という形をとるケースがあります。その理由としては、お互いに早期解決を望む場合です。裁判は一般的には判決が出るまでに9か月から1年ほどかかります。また控訴や上告がある場合にはさらに半年から1年はどかかってしまいます。長期間問題を抱えているのはその人の人生や会社経営に良い影響を与えずマイナスイメージに繋がります。そこで内容を少し譲ってでも早期に終わらせるケースがあります。そのほかの理由としては費用や時間の削減のためです。裁判では、過去に起こった出来事を調査し整理するためにかなりの労力が必要になってきます。資料を集めたり、第三者の証言を取りに行ったりしながら弁護士との打ち合わせも必要です。普段の仕事や生活を送りながら裁判に向けた活動をするにはたくさんの時間や費用だけでなく周りの理解や協力も不可欠です。しかしその努力が判決で報われるかは分からないため早期解決を望む人もいます。このように様々な理由から判決による解決よりもメリットが大きい場合が多いです。それは自分にとってだけでなく、相手にとっても有益なため、まずそのことを相手にも理解してもらう必要があります。そして弁護士などと相談をしながら自分と相手それぞれに折り合いがつく条件を提示しあい話を進めていくことが大切です。