判決が出たその後

| 未分類 |

支払猶予はモラトリアムといい経済学の用語で法令により債務の返済を一定期間猶予させる支払猶予期間のことです。特に戦争、天災、恐慌、暴動など非常事態に社会的、経済的な混乱を避けるための目的で、手形の決済や預貯金の払い戻しなどを一時的に猶予するという意味があります。裁判所で少額訴訟の裁判があっとします。少額訴訟とは、金銭トラブルが30万以下であり、弁護士を雇った本格的訴訟に対して、簡単な手続きで利用できる簡易裁判所の訴訟制度のことです。ただし、あくまで金銭の要素があること。金銭以外だと通常の訴訟手続きで行われてしまいます。裁判官が判決の際に支払猶予が言い渡された場合、裁判官が被告の支払能力やその他の状況を考慮して必要と判断した場合、原告の同意を得ずに3年超えない範囲で言い渡されるもとがあります。これは被告が裁判の中で命じられる義務を分割払いを認めることによって原告側の債権の回収を楽に行いたいという趣旨から出来たものです。原告にとってこの制度により回収時期が遅れますが強制執行することもなく債権の回収の見込みがたつといった利点ができます。被告からすれば一度に全額を支払わずにこの制度に強制執行されずに済む利点が生まれるのです。