少額訴訟で準備すること

| 未分類 |

少額訴訟は1回の期日で審理を終えるので簡易的且つ利用し易いものではありますが、訴訟を提起する事には変わり無いので様々な準備を行う必要があります。
まず訴訟提起の手続きを受理して貰う為に訴状が必要となります。これは自らが書面で用意しても良いのですが、少額訴訟で比較的多く扱われる案件については地域の簡易裁判所に定型の用紙が準備されている事から、こちらに必要事項を記入する形でも要件を満たす事が可能です。
次に、訴訟額に応じた印紙を用意する必要があります。これについては通常訴訟による賠償請求とは違って支払い請求額が60万円までに限られる事から、最大でも印紙額は6000円までとなるので比較的簡単に用意する事が出来ます。
また訴訟の受理後は裁判所から被告を含む関係者に連絡が行われますが、その連絡の為の郵便代を原告側で持つ必要があります。従って郵便切手を購入する事になりますが、これについては訴える相手の数等によって異なるものの数千円の単位となります。
その後、審理期日までの間に訴えが正当である事を証明する証拠を用意しなければなりません。書面等の物証については、訴える相手の分と裁判所側の分が審理に必要な為、コピー等で必要数を準備して審理の際に持参する事になります。また第三者を証人を立てて証言を得る事も可能ですが、この場合には事前に裁判所に申請書を提出した後に審理当日に裁判所まで来て出廷して貰う必要があり、その為の打ち合わせ等も必要となります。