少額訴訟の利点

| 未分類 |

少額訴訟は、1回で即日判決を言い渡される裁判手続きの一つです。
訴訟においてはラウンドテーブルが利用され、お互い精神的に落ち着いた状態で話ができるよう配慮されています。
判決までの流れとしては、先ず訴状を作成して証拠書類とともに簡易裁判所に提出をします。簡易裁判所は訴状などを受領、審査した上で口頭弁論の期日を指定し連絡をくれ、被告に対しては証拠書類や答弁書を提出するよう求めます。
原告は答弁書を受領し、証人の準備を行った上で審理に臨み、裁判官が双方の言い分を聴いた上で争点を整理し判決を言い渡します。
1回の審理で双方の話し合いにより即日に判決が言い渡され、当事者が判決の翌日から2週間以内に異議を申し立てなければ確定します。被告が判決に従わない場合には仮執行宣言が付されるので、原告は強制執行を申し立てることが可能です。
この手続きの利点としては、請求金額が60万円以下の場合に限られていることから、弁護士を依頼せず裁判を起こすことで費用面の心配がいらないことです。
訴状は弁護士などに依頼することなく簡単に作成できること、訴訟費用は手数料と郵便切手代で、手数料は請求金額が50万円の場合でも5000円で済みます。なお、手数料は収入印紙で納めます。